華やかに香る日本酒「利他」“神田限定”

東京地酒 利他 

神田限定販売 豊島屋は東京最古の酒舗で、一五九六年に創業者である十右衛門が現在の東京神田で酒屋兼一杯飲み屋を始めたのが起源です。

豊島屋はその後、雛祭りにつきものの「白酒」、とびきり大きな田楽をお酒と楽しむ「居酒屋」、祝い事を華やかにする「鏡開き」などを生み出しました。

神田は歴史上、お酒とは密接な関係にあるといえます。 利他はその神田を「日本酒の街」として盛り上げるため、神田限定の日本酒として販売しております。


純米大吟醸 「利他」

華やかな果実のような香りと綺麗な口当たりと、見た目にも美しい細めのプラネットブルーボトルが特徴の、特に女性に好評のお酒。 日本酒の中では比較的低めのアルコール度数のため、飲みやすさも評判。 Japan Timesにも紹介されたことのある、利他ブランドの最も売れ筋商品。 【原料米】八反錦(広島) 【精米歩合】50% 【アルコール度】 13~14% 【日本酒度】+1


利他

0コメント

  • 1000 / 1000